リフォームで後悔しないために、押さえておくべきこと

>

中古戸建リフォームで後悔しないために

リフォーム前に自分で調べて欲しいこと

リフォーム前に、自治体が出しているハザードマップを調べてください。ハザードマップも地盤の強弱が示されているもの、水害や土砂崩れの危険度が示されているものなど、幾種類も出ています。自治体から各家庭に配布されていたり、ホームページに掲載されていたりします。ご自分が住んでいる地域、これから住む地域にどんなリスクがあるのかを知って、設計士さんや業者さんと話をした方が、住宅のリフォームに必要なことを提案してもらえますよ。
それから、古い耐震基準で建築された、昭和56年6月以前の住宅は地震に弱いので、耐震診断を受けなければいけません。その後に建てた家でも、耐震診断を受けて、耐震補強が必要かどうか調べましょう。耐震診断には、自治体から助成金がでますから、自治体に確認してくださいね。
シロアリ調査も必要ですよ。後から追加工事が発生しないためにも必要ですよ。

リスクを知ってリフォームしよう

ハザードマップでどのようなリスクがあるのか知って、対策を立てたリフォームをしましょう。中古物件の購入を考えている場合には、なるべくリスクの低い地域で物件を探すことも検討した方が良いと思いますよ。現在住んでいたとしても、あまりにもリスクが高い地域だったら、住み続けるのか良く考えてリフォームをして下さいね。
リフォームの優先順位一番は、耐震補強で一番重要な構造部分です。基礎や柱、筋交いなど壁や床でふさがれてしまう部分は、後で簡単に直せません。また大掛かりなリフォームが必要になってしまいます。特に寝室と、家族がいつも過ごす部屋の構造はしっかり補強してくださいね。
優先順位二番は、介護が必要になることを想定した造りです。車いすが通れる幅の廊下、段差を作らない、引き戸にしておくことなどです。これもある意味リスク対策ですよ。


この記事をシェアする