リフォームで後悔しないために、押さえておくべきこと

>

良いリフォーム業者を見分けるコツ

良い業者を見分けるポイント

近くで新築でも、リフォームでもしている家があったら、じっくり観察してみましょう。
観察するポイントは、出入りする職人さんです。職人さんたちの服装や態度に好感が持てるかどうかを見ましょう。現場で仕事をするのは、大工さんや職人さんです。しっかりした良い仕事をする業者は、良い職人さんを使っています。現場に入る時の服装や態度にも注意が行き届いています。
職人さんが仕事道具を車に積み下ろしするとき、道具を丁寧に扱っていたらマルです。仕事が丁寧な職人さんは、道具も大切にしますから。
逆に好感を持てない職人さんが出入りしているような業者さんは、やめておいた方が良いと思いますよ。人は見かけで判断してはいけないとは言いますが、いい加減な仕事しかしない業者さんに、良い職人さんは来ませんから。
住宅展示場で好感を持った会社の現場見学会があったら参加して、ご近所で評判を聞くのも手ですよ。

飛び込み営業には要注意!悪質業者かも

一番注意して欲しいのが、飛び込みで来る営業です。しっかりした業者さんは、飛び込みの営業をかけたりしません。知り合いの紹介を受けて営業に来ることはあっても、必ずアポイントを取ってから来ますよ。飛び込み営業の手口は、最初は安い価格を提示しておいて、次から次とここも修理が必要などと言って必要のない工事までして、結局高い価格にしてしまうというやり方です。
最初に、耐震診断やシロアリの調査を自分でして欲しいといったのは、こういった悪質な業者に騙されないためでもあります。最初から調査の結果を知っていれば、騙されることもないからですよ。
住宅のリフォームには、かなりの資金がかかります。しっかり自分で事前に情報収集して、安全な良い住まいにリフォームしてくださいね。


この記事をシェアする